ワセダシカ ブログ

  • 2020.09.24ワセダシカの臨地・臨床実習のこと
  • ワセダシカでは昼間部は2年次後期より夜間部は2年次より臨床実習(主に歯科診療所で校外実習)、3年次より臨地実習(診療所以外、病院・福祉施設、企業研修、海外研修など)を行っています。

    昼間部では4か所、夜間部では5か所の実習先に行きます。将来どのような歯科衛生士になりたいか?と考える良いきっかけになるとともに、様々な現場を経験することで即戦力となる歯科衛生士となるための良い鍛錬の場です。

    歯科衛生士の約9割はみなさんが町でよくみる町の歯医者さんで働いていますが、最近は診療所のみならず、様々な場所で働くことが可能になってきています。歯科衛生士の資格を生かしながら企業でOL(営業職や企画開発など)として働くことや私たち教務のように先生になったりとみなさんが想像する歯科衛生士と少し違う働き方を検討することができるんです。しかも全国で!

    町の歯医者さんにおける歯科衛生士の役割を体験しつつ、その他の進路の選択肢を増やすために臨地実習では、現場を通して実践的に学べる貴重な学習の場であることを意識した学習の取り組みです。ただ、教本上でみるだけでなく、実際に見て聞いて肌で感じるのが臨地臨床実習の一番の魅力です。

    臨床実習及び臨地実習で学ぶポイント

    常に目標をもって真剣にとりくみましょう。毎日同じようで同じではないので、小さなハプニングもたくさんおこる臨地実習。その一つ一つその場でクリアできなくても、課題としても持ち帰ることでも歯科衛生士として大切な気づきをいっぱい得ることができるのです。また、その時の課題はすべて持ち帰り、実習日誌に書いて担任の先生に提出します。それをもとに担任が細かいサポートをしていきます。患者さんの状況によって処置、声掛けも変わってくるなぁなど、先輩歯科衛生士の姿を見ながら、自分ならどうするかということを考えながら実習に取り組むと吸収力が違う!

    どんな事を学ぶの?

    卒業したら次は社会人。今までのように進学ではないので、より自分の行動に責任を持たなければいけません。患者さんにとっては新人でもベテランでもプロの歯科衛生士として映っています。何でも教えてもらえるのは学生のうちのみに許されること。学生のうちはたくさん失敗してもよい、たくさん叱られ、悩んで、少し厳しいと感じることもあるかもしれませんが、臨床・臨地実習は社会人になる第一歩。歯科衛生士になるにはこの実習単位をとらなければ資格取得はできません。一つとして無駄な日は無いので、心と身体が健康な状態を保ちながら以下をしっかり学びましょう。

    必要な技術、知識

    もちろん、戴帽式の前までに学内で歯科衛生士として最低限必要な知識と技術は学んでいます。が、現場に出てこそ学べることもたくさんあるのです。正直、慣れない現場で心細く、登校日には泣いて相談してくる学生もおります。でも、この経験は絶対に必要な経験。先生方も臨床実習中の学生の時間が終わるまで必ず学校で待機し、何かあればすぐにでも駆け付けられるようにしています。

    社会人・医療人としてのルール(時間厳守、整容)

    時間厳守ももちろんですが、身だしなみなどすべて、学校で厳しく言われていたことが現場でこんなに役に立つんだとひしひしと感じると思います。また、医療人としてのルールなども現場に出て歯科医院の流れの中で動いてみて改めて気づかされる部分も多いと思います。とくにこのコロナ禍、歯科医院のコロナ対策は非常に徹底されており、学生として学校で過ごしていた時よりも、医療人としての衛生管理について真剣に考える日々になることでしょう。

    仕事に対する姿

    先輩歯科衛生士の真剣な姿、仕事、患者さんに対する真摯な姿勢を目の当たりにして自分の背筋もピッと伸びるような感覚。どの仕事でもそうですが、プロとしてお金をいただくということはその仕事に対する責任があることです。ワセダシカでは学生のうちから、自分でしっかり自分のことをやること、また忘れ物や遅刻など自己管理ができていないことは厳しく指導されます。忘れ物したから実習に出させてもらえなかった!などという苦い経験は、社会に出たときにそんなようなことがおきて自分が困ることがないように。先輩歯科衛生士や歯科医の先生の医療人としてのスキルと姿勢を身近にみて、学び吸収することを目標に頑張っていきましょう!

    先日戴帽式を終えた昼間部2年生は間もなく臨床実習のスタートです。

    成長の大きな糧となりますように!応援しています。

     

  • 2020.09.11歯科衛生士の就活について
  • 歯科衛生士専門学校を卒業した後は、歯科衛生士としての就職

    コロナウィルスの感染拡大を受け、就職が氷河期以上に厳しくなっている分野もある中ですが、歯科衛生士の求人は相変わらずひっきりなしに学校へ届きます。

    2019年度ワセダシカの有効求人倍率は43倍

    つまり一人の学生に対して43件の就職先の選択肢があるということです。

    様々な実習先があり、就職先も様々な分野から集まります。

    大学の求人倍率の平均は1.78倍ですから、歯科衛生士の資格を取得すると就職先に困ることはまずありません

    なかなか就職先が決まらない内定がもらえないという大学生もいるなか、贅沢な悩みですが、歯科衛生士の場合、選択肢が多すぎて逆にどこで働いたらいいかという悩みを持つ子が多くいます。

    膨大な数の求人から自ら就職先を選ぶのは至難の業。ワセダシカでは就職セミナーや個人面談を通して就活をバックアップしています。

    個人面談までに必ずそれぞれで考えるべきことはこちら。

    ①譲れない条件を書き出す (給料、勤務地、雰囲気、専門分野、福利厚生など)

    ②今の自分の状況を踏まえて、条件が背伸びしすぎではないか客観的に考える

    ③②をふまえて条件の優先順位を決定する

    例えばこんな就職先がいいな、という条件として以下のような場合

    ✓銀座あたりで働きたい

    ✓髪の毛など自由

    ✓審美歯科に特化している医院

    ✓お給料は手取りで25万円以上

    ✓遅くても18時に退勤

    ✓土日休み

    ✓厚生年金あり

    ✓大規模な医療法人

    まず希望を連ねる、とても大事です。

    さてそれを踏まえて一つずつ考えていく就活個別面談では

    ✓銀座あたりで働きたい→明確だと探しやすいですね。

    ✓髪の毛など自由→場所によって可の場合有。これは見学などに行って様子を伺いましょう。

    ✓審美歯科に特化している医院→細かい条件がよりマッチングしやすいポイントにもなりますね。

    ✓お給料は手取りで25万円以上→高すぎないか?お給料がいいということは求められる能力や拘束時間が長いことも考えられます。

    ✓遅くても18時に退勤→退勤時間が早いとお給料条件と調整が必要なこともあります。

    ✓土日休み→お給料条件とすりあわせ必要。労働時間と賃金は絶妙な関係にあるので、ここはどちらかの妥協が必要かもしれません。

    ✓厚生年金あり→これはクリアなところがほとんどかと。

    ✓大規模な医療法人→休みやすかったり、きちんとした教育プログラムがある医院も。またお給料や福利厚生も安定している場合が多いです。ただ人数は多いので、なじむまでが人間関係で少し苦労するかもしれません。

    このように、すでに条件などを検討し決まっているとスムーズに何件か提案することができます。就職先は自分で!と就職サイトなどを使用しながら自ら就職先を決定する学生、アルバイト先にそのまま就職する学生とさまざまです。創立30年以上の歴史ある歯科衛生士専門学校であるワセダシカだからこそぜひに!と求人のお話が先生に直接届くこともあります。またクラス担任制を導入しているワセダシカだから、いつでも担任の先生に相談することができ、就職はばっちり!これから学校に通う方も在校生も、ワセダシカなら就職は安泰です!

  • 2020.09.11歯科衛生士専門学校での学び方~一般学生編②~
  • 国家試験準備について

     ④国家試験前の勉強時間

    『自分のペースだがスタートが遅め。焦る。』

    ・先生にはもちろん足りないといわれていたが1月から毎日3時間程度はしていた←1月?!2か月前・・・

    ・国家試験前までは家では0時間!小テスト前は授業時間5分前のみ。国家試験対策にはいったら課題をこなすのみ←むしろそれで合格できたのは秘めたる底力があるのでは・・・

    ・平日4時間、休日9時間←なかなか、良いペースではないでしょうか。

    ・時間の管理が下手なのでやりすぎて集中力がないのにだらだらやる。友達に連絡して、進捗確認をするが、全然やってないよー覚えていないよーという友人ほど、優秀あるある。

    ・国家試験1か月前にやっとバイトをセーブ(週2,3日)、彼(現ご主人)と同棲して家賃代が浮いたので勉強に集中。平日5,6時間、休日ほぼ1日中←なんだかごちそうさまっ!

     

     ⑤国家試験前どんなことをしていましたか?

    『3年間でこんなに学んだことに後から気が付き、課題に追われる』

    ・ひたすら問題を解き、間違えたところは解きなおして振り返る

    ・学校からもらったプリント・課題をひたすらやる。むしろそれ以外はほぼやっていない

    ・提出期限を守るよう課題に取り組む。他教科と関連付けそうなら一緒に勉強する。

    ・友達の家で3、4人で勉強

     

     ⑥学ぶ上で気を付けること

    『メリハリ!!』

    ・時間を決めて行うこと

    ・睡眠は最低6時間はとる

    ・携帯は休憩時間のみ。メリハリをつける

    ・集中力がなくずっと食べて太ったので、食べながらはおすすめしない。

    ・夜間部の場合、午前と放課後どちらもバイトを入れると課題もあるのでしんどい。スケジュール管理が大事

     

     その他、これがおすすめ!(グッズ、考え方など)

    ・範囲のきまっている期末テストは友達のまとめノートでもなんとかなる場合もあるけれど、国家試験の膨大な範囲の場合、自分なりのやり方でまとまったものでないと勉強が追い付かない。年明け、急にノートをつくりだすと間に合わず、逆にパニックになる。今思えば、落ち着いて国家試験を迎えたいのであれば早め早めに対策をすることが必要。結果がでるまで不安な毎日、もしかしたら落ちるかも…のぎりぎり人生それも一つの人生。

    ・単語帳つくるのが面倒だったのでポケットサイズの辞書を通学時に持ち歩き、目をつぶって開いたページで目に入ったものを説明するということをしていた。

    ・過去問をやる。単語帳をつくる

    単語帳、は専門用語の多い歯科衛生士の学びにとって有効活用できそうですね。ぜひ取り組んでみてはいかがでしょうか。

    その他モチベーションアップとして・・・

    ・ここまで頑張ったらご褒美でチョコを食べる

    ・歯科衛生士として働くことを目指して、今までの努力を無駄にしないという強い気持ちをもって取り組む

     

    1限90分の授業だと寝てしまうこともあるかもしれませんが、ポイントはしっかり押さえておくこと、またオンデマンド授業で自宅学習の場合、課題は自らやらなければならないので、ただ聞いているより勉強できるかもしれませんね。

    3年間、勉強はハードですがこのすべての時間が将来の自分につながっていると考え、ぜひ今できることを精一杯がんばって歯科衛生士の夢を叶えてほしいと思います。