ワセダシカ ブログ

  • 2021.03.16歯科衛生士専門学校の国家試験対策
  • 3月12日金曜日、晴れやかな笑顔で卒業していった3年生たち。その1週間前には、国家試験に向けて神経を張り詰めて全集中で猛勉強していました。

    やっと終わった!卒業できた!でも結果は3月の26日…試験後の登校日で学校で自己採点をしたところにおいては全員が安堵の表情でありました。

     

    専門学校、入るのは簡単でもゴールへたどり着くには並々ならぬ努力を続けていかなくてはなりません。国試対策に入った3年生たちは、最初の模試の点数で打ちのめされておりましたので、よくまぁここまで点数を伸ばしてこれたな!

    とほとほと感心します。

     

    この学年は、広報の私がこの学校に来て初めて入学式で会った学生たちです。

    元気いっぱいでよくいろんなことで先生からお叱りを受けたり、みんなで並んで教務室に謝りに来ている姿が印象的です(笑)。

    けれどもクラスみんなとても仲が良く、オープンキャンパスのお手伝いや、パンフレットの写真撮影にも快く協力をしてくれました。この学年のにこにこ笑顔をみて、「ワセダシカに決めた!」という後輩も少なくはないはず。

    私がSNS用にカメラを向けると、必ず笑顔で応えてくれる素敵な学年でした。

     

    また、勉強や技術を学ぶことが大変でも、一緒に頑張ろうよ!

    という仲間意識が強く、「大変!つらい!でもがんばらなきゃね!」と前向きに歯科衛生士への道を進んできた学生たちです。

    私は、みんなちゃんと歯科衛生士になれるんだろうかとはらはらしつつ見守ってきました。

     

    でも学年担任の先生は、「大丈夫、まだ伸びしろがある」と学生たちを信じていました。そしてその先生が信じてくれているという事実が、学生たちを支え続けたのだと思います。

    ワセダシカの国家試験対策の一番大きなところは、学生があきらめそうになっても先生があきらめない❣こと。一人一人が苦手を克服するまで、みっちりと指導し続けます。励まし続け、支え続けます。毎日毎日、指導の手を休めることなく導き続けます。

     

    ワセダシカは厳しい、とこぼす学生もいます。

    私はほかの歯科衛生士学校を知りませんので何とも言えません。

    ですが、医療系の国家資格を目指す学校は、厳しくあってほしいと思います。

    ここを出れば皆、すぐ社会に出ていきます。資格を持っているという事は新人だろうがベテランだろうが等しく「歯科衛生士」として患者さんからみられる存在です。そのことを知っている先生たちだからこそ、しっかりと社会に出て自立できるよう、生活面や学習面、様々なところで愛をもって向き合って、時には叱り、時には落ち着くまで泣くのを見届け、そばで支え続けているのです。

    卒業式の度に、学生たちの晴れ晴れした表情を見守る先生たちの愛のあるまなざしに、感動します。そして卒業してもなお、先生に電話をかけてきて近況報告をする卒業生たちと嬉しそうにやり取りする姿をみるのも大好きです。

    これから歯科衛生士を目指そうと思っている皆さんに、ワセダシカ卒業したてのほやほやの卒業生から、メッセージをお届けしますね。

     

    「先生方にたくさん頼ってください。親身になってくださいます!」

    「勉強も実習も大変だけど、慣れてくるから大丈夫!きっと乗り越えられます」

    「日々の積み重ねが大切♡」

    「3年間はあっという間なので一日を大切に頑張ってね!」

    「がんばれ!とにかくがんばれ!後で頑張ってよかった!って思うから!」

    「先生うるさいな~と思うことがあっても、先生についていくと目標にたどり着けます!」

    3年間、よく頑張りました!そしてこれからがスタート!社会人として、立派な歯科衛生士として、活躍してくださいね。

     

    またいつでも母校に遊びに来てください♪

  • 2021.03.02コロナ後をどう生きる?歯科衛生士の資格を取ろう!
  • コロナ禍、それから

    2020年に引き続き、2021年もまだまだコロナ禍の影響は続き、おそらく数年先まで影響されると思われます。そんな中、進路活動や就職活動をどうしよう!という声もあちらこちらから聞こえてきます。多くの企業が、新卒の大量採用を控えるようになるでしょう。人材を育てることにかけられるお金が限られてくるからです。多くの企業が、求める人材像に学力よりも適応力や即戦力を求めるようにますますなるでしょう。人並みにやれる、では勝ち残れない就職戦争が始まりつつあります。

    勝負できるスキルは

    そんな中、勝負できるスキルを持っているという事は非常に強いです。具体的には、留学経験があり2か国語以上使えることや、インターネットなどの情報に精通した技術を持っている、コミュニケーション能力がかなり高い(でもアピールしづらい)などです。今あげた3点でも、絶対の自信がある人は、例えばクラスの30人中に1人いるかいないかではないでしょうか。残念ながら日本のとりあえず人並みにやれればいい、「みんなどんぐりのせいくらべ義務教育」がここにきて大きな仇となっていくのは目に見えています。

    ライフワークバランスが大事

    そうした中で、学力も平均、コミュ力も平均、語学力もなければ、ITのことなどもよくわからない、という大半の人に待っている仕事はどのような仕事になるのでしょうか。また収入や暮らしは、どのようになるのでしょうか。自分が憧れたり夢に描いていた仕事に就くというのは正直なかなかないことだと思います。でも多くの社会人は、今やっている仕事にやりがいを見出しつつ、サラリーを生み出すものと自分の人生を潤わせるものは別に持っています。趣味であったり、副職であったり。そうやってライフワークバランスをとり、収入も安定しつつやりがいもあり、自分の好きなことに時間やお金を使える、という仕事、魅力的じゃないですか?まさに、「歯科衛生士」だと思います。

    歯科衛生士は医療系国家資格ですので収入の安定は間違いなしです。また、労働環境も整っており、働きやすく長く続けやすい仕事です。ワセダシカの卒業生も、歯科衛生士としてスキルアップしながら、安定した収入とお休みがしっかりとれることなどの利点を生かし、趣味の旅行やライブ、観劇などで充実した日々を送っている声をよく聞きます。

    とりあえず資格を持っておいたほうがいい

    この考えが2020年、すでに社会に出ている多くの既卒者の中に広がりました。なぜならコロナ禍で、明日この会社がどうなるかわからないという会社がたくさん見えてきたからです。それを顕著に表していたのが、ワセダシカだけでなく多くの歯科衛生士学校で見られた社会人からの問い合わせの多さです。実際、ワセダシカも実に9年ぶりに夜間部の募集停止をアナウンスしざるを得ない人数が出願しました。この流れが来年、再来年も続くと、既卒者の出願が増えるので、高校新卒の枠も押されてきてしまうということが懸念されます。資格はあるに越したことはない、これから何が起こるかわからない世の中で、医療系資格は最後の砦となりえるのです。

    歯科衛生士+なにか

    歯科衛生士の資格を取ったから一生歯科医院で働く!ということではないと思います。先述した通り、新しい働き方がどんどん生まれてくる世の中になるでしょう。一つの会社だけに就職するというのはナンセンスになっていくことは安易に予想されます。そんな中歯科衛生士の資格を持っていて、でもやりたい事につなげた仕事、というのを生み出していくことができるかもしれないのです。

    資格取得はゴールではなく、新たな自分の武器を携えたスタート。資格というしっかりとした土台をもって社会を渡っていけるのです。

     

    ワセダシカでは一人でも多くの方が、自分の力で社会で生きていき、社会に貢献できるように歯科衛生士をたくさん輩出してきました。コロナ禍であってもこれからも変わらず、一人一人の資格取得を応援しサポートし続けていきます。