ワセダシカ ブログ

  • 2021.02.19身だしなみ要チェック!歯科衛生士学校のTPO
  • 髪のカラーリングはNG?

    進路ガイダンスや相談会、またSNSでの質問箱やLINEトークで多く聞かれる質問が「髪のカラーはNGですか?」。

    もう耳にタコというくらいよく聞かれます。

    はっきり言って、うちの学校だけでなく医療系の多くの学校でNGだと思うこの質問。

    髪の毛自由にしたい気持ちはわかります。年頃で一番おしゃれしたい時期の若者にとっては、髪の色ってとても大事なんだと思います。

    が、学生のうちはその学校の学生であるという自負と責任を持って行動してもらうため、身だしなみにはとても厳しいのが現状です。

    なぜ厳しいのか、というと。

    医療の専門学校では学内での学びと実習の他に、外部での臨地臨床実習があります。

    この時多くの人と接します。学校の先生は、髪の色がどんなだろうとどの学生の良さも分かれば、できる子だって知っていても、外部の人がみなわかってくれるわけではありません。

    第一印象からマイナスの印象を持たれてしまっては損をするのは自分です。

    できるだけ公平にフラットな目でみてもらうため、また医療人として接するどの患者さんにもどの現場でも、安心してなじんでいただけるようにとの配慮も込めての規則となっています。

    卒業後就職してからはそれぞれの職場で求められる身だしなみでよいと思いますので、いろんな髪色の歯科衛生士さんがいますよ。

    ネイルはNG?

    基本的にこれは、在学中だけでなく就職してからもNGの現場が多いのではないでしょうか。

    グローブをするとはいえ、やはりそこは人の口に手を入れる歯科衛生士の仕事。

    長い爪でけがをさせてしまうリスクや、爪の間の汚れから菌が繁殖してしまうリスクを考えても、爪はいじらずにおきましょう。歯科受付などでネイルもきれいにしている受付の方などいますけどね。

    お口の中に手を入れる歯科医師や歯科衛生士の方ではめったにいないのではないでしょうか。

    メイクはどのくらいまでOK?ピアスは開けててもいいの?

    基本的に座学の日は大きなピアスをつけていたりばっちりメイクでも大丈夫です。

    が、実習の時はナチュラルメイクで、アイメイクなども極力ナチュラルなもの、と決まっています。

    目の周りについた細かい汚れやほこりで施術中に目がかゆくなったり、汚れやほこりが目に入ったりして困ることがないように…また実習というのは患者さんと接する練習をする時間。

    マスクで口元は隠れていますが、目元でのコミュニケーションはとても大切です。

    安心して治療を受けてもらえるように、ナチュラルで優しい目で患者さんをおもてなしする練習です。

    今は何を優先すべきかを心がけて

    でもおしゃれもしたい!学校帰りにお出かけに備えてばっちり決めたい!
    いろいろな理由はあると思います。

    でも今この学校で学んでいる時間は、何を差し置いても「学業優先」であるべき。

    自由な時間は卒業後いくらでも持てます。学校に通う間はその学校での学びを優先して、特に医療系資格を目指すという事は知識や技術のみではなく、医療人としてあるべき姿を学ぶことでもあります。

    抗ったり染めては注意され戻し、などを繰り返す時間と元気があるなら、惜しまずその力を時間を学びに費やしてほしい。

    国家試験合格率が高い医療系の資格はつまり、進級に厳しい、ということ。

    一回一回の授業、一回一回のテストがすべてカウントされています。なので今自分がなにをがんばらなくてはいけないのか、しっかりと理解して、学校に来てください。

    他の記事についてはこちら

    1. ・歯科衛生士の仕事内容
    2. ・歯科衛生士になるのは難しい?
    3. ・広報奮闘記☆Insta LIVEやってみた話

     

    本気で歯科衛生士を目指したいという方を、ワセダシカも全力で応援します。

     

     

  • 2021.02.05広報奮闘記☆Insta LIVEやってみた話
  • 今どきの広報ってSNSがとっても大切だと身をもって感じているワセダシカ広報の阿部です。

    insta、twitter、FB、LINE、tiktok、clubhouseなどなど、もうついてくのが大変ですが、確かに無限の広がりがありどれも楽しいツールばかり。特にコロナ禍において、専門学校にとっても募集の要となったのがSNS。来校型イベントや進路ガイダンスが行われない中、学校のことを発信して知ってもらうには最強のツールです。ワセダシカも例にもれずinstaの強化、twitterの改善を試みてきました。ブログも始め、学校のことをより具体的に知ってもらうためにがんばってきました。

    そして遅ればせながら、先日、Insta LIVEをついに!やってみました!!

    内容としては学校説明など長々やっている学校が多かったのですが、それはSNS本来の用途に盛り込みすぎじゃない?と思い、まず第一に「気軽に見れる」ということ、そして何よりトライ&エラーで「まずやってみる」ことが大事!と、ドキドキしながら広報担当が歯科衛生士体験をしてみるところから配信してみました。

    ・終わらせ方がわからなかったり(大問題)見せ方がまだまだ下手だったり(水と空気って映らないよね)反省はいろいろとありますがやってみた感想としては、

    楽しい!!!

    なにこれ楽しい。SNSって楽しい。でも画面に映る自分に堪えられない(笑)

    …とりあえず数やっていこう、と決めました。次は「個別相談を参加者視点でやってみる」とか「プチ体験シリーズ」とか「ワセ散歩」をやっていこうと思うので、ぜひぜひ見てみてくださいね!

    他の記事に関してはこちら

    1. ・歯科衛生士の分野は理系?文系?どちらが有利?
    2. ・歯科衛生士専門学校での3年間ってどんな?
    3. ・歯科衛生士になりたいとおもった理由

     

  • 2021.02.02歯科衛生士になるのは難しい?
  • 医療系国家資格である歯科衛生士。将来性のある医療系国家資格は魅力的だけど、その難易度は?と気になる方も多いかもしれません。

    実際にどのくらい難しい資格なのでしょうか。

    歯科衛生士専門学校学び

    歯科衛生士になるための勉強中

    歯科衛生士国家資格の平均合格率はどのくらい?

    昨年度の歯科衛生士国家資格平均合格率は94%でした。近年の傾向としては95%前後を推移しています。医療系国家資格の平均合格率を比べてみると、どの資格も軒並み高いことがわかります。これは、医療系国家資格のレベルが低いのではなく、医療系国家資格を受けるための受験資格が厳しいからです。課せられた修業年数しっかり学び、実習を経て、単位を取得し卒業試験に合格して初めて受験資格が得られる。簡単に単位を付与したり合格を与えたりできる分野ではありません。

    歯科衛生士の国家試験そのものは220点のうち6割の132点取れれば合格です。試験は選択回答式になっており、相対評価ではなく絶対評価なので、周りの受ける人がどんなに優秀であっても自分がしっかり点が取れていれば合格できます。国家試験前は各学校で対策授業が行われています。

    3年間の学びの内容は難しい?

    実際に3年間の学びの流れを簡単に説明すると、昼間部で言えば1年生のうちは基礎的な知識と技術の習得、2年生の半ばから3年生の半ばまで臨床実習として現場で学び、3年生の後期からは国家試験に向けて総まとめをするという流れです。専門分野以外にも国語や英語などが若干入りますが、基本的にしっかり学校に通って授業を受け、復習をし、と積み重ねていけば難しいことはありません。また各学期ごとに期末テストがあったり、単元ごとに小テストがあったりなど、まとめと確認をしっかり押さえておけば問題ないでしょう。ワセダシカでは学内で行われるすべてのテストにおいても国家試験に準じて6割できて合格という形をとっています。

    専門学校は専門的な知識と技術を学ぶための学校。歯科衛生士を育てるための学校です。なので、難しいだけでなくそこを理解できるように支え、導くことも仕事です。学校選びの際は自分のレベルに応じてどれだけ学習のサポートがあるか、また国家試験対策も自習ばかりでなくしっかりと対策を教えてくれるかなども学校選びの際には注意してみてみてください。

    まとめ

    歯科衛生士の資格自体はものすごく難しいものではないですが、受験資格を取るためには3年間の努力が必要になります。そして勉強する習慣とやり方をしっかり自分で持っていないと苦しい思いをすることもあります。歯科衛生士をめざしたいなら、3年間しっかり学ぶということを覚悟し、国家試験に向かうための一つ一つの実習、授業、テストを大切に、一つ一つ乗り越えていくことが必要です。その先に歯科衛生士国家試験受験資格があり、国家試験合格があります。ぜひしっかりと一歩一歩固めていきましょう!

    あなたの「なりたい」をワセダシカが応援します!

    他の記事についてはこちら

    1. ・歯科衛生士専門学校 入学前に押さえておくべきこと
    2. ・医療系国家資格の強み
    3. ・歯科衛生士専門学校の倍率は?人気の学校をねらえ!