ワセダシカ ブログ

  • 2021.01.25歯科衛生士の仕事内容
  • 歯科衛生士って具体的にどんなことをしているの?歯医者さんの受付にいたりする人のこと?

    意外と知られていない歯科衛生士の仕事の中身について紹介します。

    歯科衛生士として活躍する卒業生

    歯科衛生士の主な仕事は3つ

    歯科衛生士三大業務を言われる主な仕事は、

    口の中の状態をチェックし、歯石や着色をきれいにクリーニングすることで虫歯を予防する「歯科予防処置」、正しい歯の磨き方や歯に良いおやつや食事のアドバイスなどをする「歯科保健指導」、そして歯科医師の診療がスムーズに行われるようにサポートをする「歯科診療補助」の3つです。

    歯科助手との違い

    歯科医院にいて同じように診療のサポートをしている歯科助手との大きな違いは、国家資格を持つ歯科衛生士のみが実際に口腔内に手を入れることができるということ。器具の消毒や滅菌、片付けや清掃、受付業務などは歯科助手も受け持つことができます。患者さんのお口の中を触る責任、ということもあり資格手当がつく歯科衛生士は歯科助手のお給料よりも高いことが一般的に知られています。

    残業や休日出勤はある?

    基本的に歯科医院は「予約診療」が主流なので、飛び込みの患者さんはなかなかいません。予約状況と患者さんの治療計画に合わせて一日のスケジュールを組んでいくので、大幅な残業や急な休日出勤などもほぼありません。ただ全国7万軒以上もある歯科医院…すべての歯科医院がそうだ!とは言い切れないかもしれませんが、歯科衛生士が長く続けやすい仕事であるのは、ワークライフバランスのとりやすい仕事だからだと言えます。

    ホスピタリティが大切なやりがいのある仕事

    医療系資格といっても様々ありますが、歯科衛生士は歯科医院に来る患者さんを笑顔でお迎えする「おもてなし」力を求められる仕事です。笑顔で相手の笑顔をサポートする仕事、それが歯科衛生士。患者さんが気持ちよく安心して過ごせるように院内を清潔に保ち、治療とケアを通して口腔内だけでなく生活習慣全般を見直すサポートなどもしていきます。

    また、歯科衛生士は、相手の話を聞く力や上手に伝えるコミュニケーション力も必要となります。

    だんだんと多くの患者さんから信頼されるような歯科衛生士となっていくとき、歯科衛生士の仕事のやりがいもひとしおに感じられるようになっていきます。

    歯科衛生士はお口の中から健康と笑顔を支えるエキスパート

    歯科衛生士の仕事は魅力がいっぱいです。

    ぜひワセダシカで歯科衛生士の資格を目指してみませんか?

    ワセダシカは即戦力となれる知識と技術はもちろん、コミュニケーション力やホスピタリティも学べる歯科衛生士専門学校です。

     

     

     

  • 2021.01.15歯科衛生士になりたいとおもった理由
  • 高校生のなりたい職業ランキングの上位に輝いているわけではない歯科衛生士。

    どちらかと言えば医療系の中でも看護や放射線技師などと違いドラマや漫画にもならない、知名度の低い仕事かもしれませんが、どんなことがきっかけで歯科衛生士になりたいと思ったのか、現在ワセダシカで歯科衛生士を目指している学生たちのアンケートから、どんな理由が多いのかあげてみました。

    家族、親戚、知り合いに歯科関係者がいる

    実は地味に多いのがこの理由。「お母さんが歯科助手で…」「お父さんが歯科医師です」「お姉ちゃんが歯科衛生士」など結構周りの影響や周りからの勧めが目指すきっかけになる人も多いです。歯科衛生士として働かれているお母さんの姿を見ていいなと思って自分も目指す、というのはとても素敵なきっかけだなと思います。

    子どものころ出会った歯科衛生士へのあこがれ

    小さいころ歯医者さんが怖かったけど、優しく接してくれた白衣の歯科衛生士さんに憧れて、いつか自分も歯科衛生士になろうと決めていた、という意見も多くあります。また矯正歯科などでも痛みに寄り添い、歯のケアの大切さなどを優しく教えてくれた歯科衛生士の存在に励まされたことなどをきっかけに目指す人も。そのように歯科衛生士を目指す方には、ぜひいつか自分も歯科衛生士として憧れられる存在になり活躍してほしいと思います。

    求人やお給料などがいいから

    社会人の方で歯科衛生士を目指す方は、国家資格であり雇用条件の良い就職先が豊富なことが歯科衛生士を選ぶきっかけになることがあります。雇用が安定していること、お給料が高いことは国が認めている資格だからこそ。残業も少なく夜勤もない、雇用条件なども魅力的な歯科衛生士は、ライフワークバランスがよく無理なく長く続けられる良い仕事として選ばれています。

    人の役に立つ仕事がしたい

    人の笑顔を支える仕事、お口から全身の健康を支える仕事である歯科衛生士。「ありがとう」と言われることが何よりのやりがい、という方も多いです。資格を取るなら人の役に立つ仕事がしたいと思って歯科衛生士を選びましたという意見も多く聞かれます。

    世の中のどんな仕事も誰かの笑顔につながっていますが、歯科衛生士はそれをより具体的に、また直接的に感じることのできる仕事といえるでしょう。

     

    歯科衛生士になりたい理由はそれぞれです。一度「なりたい」とスタートした学びを、ワセダシカは全力でサポートします。だからこそ、

    「なりたい」を一緒に、ずっと。

    がワセダシカのコンセプト。

    ひとりで頑張るのではなく、ワセダシカが歯科衛生士の夢に向かって、一緒に走り続けます。

    夢の途中で疲れたり、勉強や課題の多さにため息が出たり、何で歯科衛生士になりたいんだっけ…と考えてしまうこともあるかもしれませんが、「きっかけ」を時々思い出し、夢に向かってがんばりましょう。