Instagram Instagram

歯科衛生士(資格・国家試験)について

1.歯科衛生士とは

歯科衛生士は、昭和23年に制定された「歯科衛生士法」に基づいて厚生労働大臣より認定される国家資格です。
主に、歯科医院や病院、保健所や市町村の保健センター、企業などの歯科室、老人保健施設等で業務を行います。歯科衛生士の仕事には、「歯科予防処置」「歯科診療補助」「歯科保健指導」の大きく3つがあげられます。

2.歯科衛生士はどうして人気があるのですか?

高齢社会を迎える中、専門性の高さから活躍の場がますます広がっている歯科衛生士。しかし、その数は慢性的に不足しており、例年、全国の歯科医院や病院などから求人が殺到しています。夜勤がない上に、報酬も初任給の平均が約22万円。さらに一生涯にわたって仕事に従事できることもあり、非常に人気の高い職種となっています。

3.歯科衛生士になるにはどうしたら良いですか?

歯科衛生士になるには国家資格が必要です。厚生労働省もしくは文部科学省が認める歯科衛生士養成機関で3年以上専門教育課程を修了した後、歯科衛生士国家試験に合格して免許証を取得する必要があります。

4.どんな人が歯科衛生士に向いていますか?

歯科衛生士には、患者さんのケアはもちろん、患者さんと歯科医師とのパイプ役という役割もあります。そこでは、誰とでもきちんとわかりやすくコミュニケーションをとることができる能力や、患者さんの気持ちを受け止める思いやりが求められます。

5.歯科衛生士の国家試験は難しいですか?

歯科衛生士国家試験は毎年3月頃に実施されています。平成28年度(第26回)は全国で7,218人が受験し、6,737名が合格しました。合格率は93.3%と決して難しい試験ではありません。歯科衛生士の学校でしっかり勉強していれば、さほど心配は要りません。

6.歯科衛生士と歯科助手の違いは?

歯科衛生士は患者さんの口の中に直接触れることが可能で、予防処置や診療補助などを行います。一方、歯科助手は診療の介助や事務的な仕事が主な職種。資格は特に必要としない代わりに、患者さんの口の中に直接触れることができないなど業務制限があります。

7.地元に戻っても就職できますか?

歯科衛生士は免許証を取得すればどこででも就職することが可能です。本学院には全国から入学される方がいらっしゃいますが、卒業後には地元で就職されるケースが少なくありません。人生設計において就職する場所は大切な要素ですので、日本全国で活躍できる歯科衛生士は心強い職業と言えそうです。

入学試験・在学中について

1.入学の選考科目は何ですか?また大学在学生や社会人でも入学できますか?

本学院では、入学試験として面接・適性テストを実施しています。面接試験は、「志望動機」などを記入していただいた面接シートを参考に受験生の方との質疑応答を行います。適性テストは、算数、国語、一般常識の3科目です。(ただし、AO入試、推薦入試の場合、適性テスト免除)また、高卒以上であれば、社会人、大卒者等でも入学はできます。大学在学中のダブルスクールについては、お問い合わせください。

2.在学中にアルバイトできますか?

日々の授業を第一に考え、時間を上手に使えばアルバイトする余裕は十分にあります。本学院では、歯科医院でアルバイトをする先輩が多いようです。

3.学割や奨学金制度について教えて下さい。

●本学院には独自の特待生、奨学制度、学生支援制度があります。
ワセダ特待生制度    チャレンジ特待生制度
一人暮らし応援プラン【昼間部のみ】(高校新卒者対象)
再進学応援プラン(高校既卒者対象)  遠隔地通学応援プラン
同時期姉妹入学応援プラン    同窓生紹介推薦制度
●その他の奨学金制度
日本学生支援機構東京都育英資金など 本学院に在学する学生には、通学定期、旅行時はJRの学割が適用されます。
また、国の教育ローン、本学院提携のオリコ学費サポートも利用できます。

卒業後の進路について

1.卒業すれば歯科衛生士の資格を取得できますか?

本学院を卒業することで、歯科衛生士国家試験の受験資格を得ることができます。国家試験に合格できれば、厚生労働大臣より歯科衛生士の免許が与えられます。平成28年度の合格率は、93.3%です。本学院では平成17~24年度と9期連続合格率100%の実績がありますので、しっかり勉強していれば、さほど心配は要りません。

2.卒業後の進路について教えてください。

歯科衛生士は現場で慢性的に不足しており、例年、全国の歯科医院や病院などから求人が殺到している状況で、容易に就職が可能です。本学院の平成28年3月卒業生対象の求人倍率は27.1倍です。多くの卒業生は歯科医院へ就職しますが、病院の歯科、保健所や市町村の保健センター、企業などの歯科室、老人保健施設などでも働けます。また、卒業後に4年制大学等へ編入学する選択肢も選べます

PAGETOP
Copyright (c) WASEDA DENTAL HYGIENIST SCHOOL All Rights Reserved.